このページではJavaScriptを使用しています。
お使いのブラウザでは、JavaScriptが無効になっているため、正しく表示ができません。
ブラウザのオプションを変更し、JavaScriptを有効にしてご覧ください。
記載の価格は税込記載のものを除き税抜です。

イチからはじめるセキュリティー

パソコン

不正アクセスについて

インターネットのネットワークは、世界中に繋がっています。つまり、パソコンがインターネットに接続されている間、あなたのパソコンは世界中のネットワークに繋がっていると言えます。インターネットを利用する世界中の人々の中には、悪意を持つ人もいるのが事実です。

例えば、インターネットに接続されている他のパソコンに、インターネットを介して不正アクセスを行おうとする者です。不正アクセスが行われた場合、個人情報を盗まれたり、他のパソコンを攻撃するための踏み台にされたり、パソコン内のデータを消去されてしまったりする危険があります。

不正なアクセス方法としては、「セキュリティーホール」と呼ばれるパソコンの脆弱性を利用するものや、悪質なプログラムを利用するものなどさまざまなものがあります。以下では不正アクセスを受けた場合の危険性と、一般的な対策について説明します。

セキュリティーホールを悪用した不正アクセスの危険性

セキュリティーホールを悪用した不正アクセスの危険性

「セキュリティーホール」とは、ソフトウェア作成時の設計ミスにより生じたセキュリティー上の弱点や欠陥のことを呼びます。
WindowsやMac OSといったOSにおけるセキュリティーホールは「脆弱性」とも呼ばれており、悪用されることで甚大な被害を及ぼす可能性があります。セキュリティーホールを悪用すれば、簡単にインターネット上で不正アクセスが行えます。セキュリティーホールを悪用した不正アクセスを受けると、パソコン内のデータやプログラムの盗み見、改ざん、破壊、またウイルス感染といった大きな被害を受けることがあります。

また、さまざまなウイルスや「トロイの木馬」「ワーム」など不正アクセスを容易に行えるプログラムは世の中に数えきれないほど多数あります。

何らかのルートでこれらのプログラムがあなたのパソコンに組み込まれてしまった場合、あなたは不正アクセスの被害者となるだけではなく、あなたのパソコンを第三者に遠隔操作される可能性もあります。

不正アクセスから身を守るためには

セキュリティーホールを悪用した不正アクセスに対する最も有効な対策は、セキュリティーホールの欠陥を修正することです。OSなどのプログラムにセキュリティーホールが見つかった場合、ほとんどの場合はそのソフトウェアの製作メーカーが修正用のプログラムを提供します。Windowsの場合は「Microsoft Update」を、Mac OSの場合は「ソフトウェア・アップデート」を行いましょう(共にインターネットに接続している必要があります)。そうすることで、修正プログラムを適用することができ、そのセキュリティーホールを利用した不正アクセスを受けることは防御できます。

eo接続サービスでは、総合セキュリティー対策製品「ウイルスバスター」を手頃な月額費用で使用できる「ウイルスバスター マルチデバイス 月額版 for eo」(月額420円)を用意しています。パソコンはもちろん、Android™搭載のスマートフォンやタブレットなど3台までご利用が可能なので、ご自宅のパソコン以外に、ご家族のスマートフォンなどにも合わせてご活用ください。

関連コンテンツ
eoがサポートするセキュリティーサービス
ウイルスバスターマルチデバイス月額版 for eo
「ウイルスバスターマルチデバイス月額版 for eo」は、パソコンだけではなく、Android™搭載のスマートフォンにも対応。1ライセンス3台までご利用いただけます。(月額420円:1ライセンス)
eo光多機能ルーターレンタルサービス
eoでは簡単設定のブロードバンドルーターのレンタルサービス「eo光多機能ルーターレンタルサービス」をご提供しています。

この情報はお客様のお役に立ちましたか?

ご協力ありがとうございました。

ページの先頭へ

PAGE TOP