「村瀬先生のぶらり歴史歩き 大阪・北浜 前編」レトロ建築が多く存在する北浜が、空襲や地震に耐えた理由

 テレビでもおなじみ、東進ハイスクールの人気講師・村瀬先生による歴史番組がeo光チャンネルで放送決定! 古地図を片手に、今と昔の街を見比べていく歴史番組となっています。記念すべき第1回は大阪・北浜。金融街やビジネス街としても知られ、朝ドラ登場人物のゆかりの地として一躍有名になりましたが、今ではおしゃれなカフェやグルメが点在する注目スポットにもなっています。さて、新旧が入り混じる北浜でどんな歴史がひも解かれるのでしょうか?

難波橋にはなぜライオンの像が?

 北浜の北側を流れる土佐堀川・大川。かつては小船が行き交い、重要な交通の役割を果たしていました。いまでは天満橋・天神橋・難波橋(なにわばし)の三大橋が架かっています。ここにライオンの像があることは有名ですが、なぜライオンの像なのかはご存じですか? そして橋の両側に2体設置されているのにも、とある秘密が……。

大阪の恩人と言われるこの方は誰?

金融の街としても知られた北浜には、三大取引所のひとつ大阪取引所があります。建物のエントランス前には朝ドラでも有名になった”とある方”の銅像が。大阪株取引所の発足や現在の造幣局を大阪へ誘致するなど、商業の発展に貢献した偉大な人物なのですが、さて皆さんはわかりますでしょうか?

大阪北浜の近代建築といえばここ! 「芝川ビルディング」

 レトロ建築・近代建築好きなら誰もが知っている北浜の芝川ビルディング。豪商・芝川又四郎が昭和2年に建築し、マヤ・インカ文明風の外観も当時のまま。戦前には花嫁学校「芝蘭社家政学園」も開かれていましたが、現在ではバーやヘアサロン、セレクトショップなどが入居する人気スポットになっています。

 今回はその中から1階にあるチョコレートショップ「TIKAL by Cacao en Masse」を訪問。ここには村瀬先生も知らなかった建物の秘密が……!?

ビル群の谷間にある重要文化財建物

高層ビルの狭間にひっそりとたたずむこちらの建物は、外見は古のお寺そのもの。しかし建物の正体はなんと「幼稚園」。大阪市立愛珠幼稚園は明治13年に建てられ、現存している幼稚園としては日本で2番目の古さ。建物は重要文化財に指定されていますが、開園から140年たった今も現役で幼稚園として営業されています。20代目園長さんに話によると、重要文化財ならではの困りごともあるようで…。

庭園には重要文化財に指定されている滑り台も。なんと村瀬先生がこの滑り台に挑戦。その結果どうなったかは番組内で!

「村瀬先生のぶらり歴史歩き 大阪・北浜 後編」はこちらから

eo光テレビご契約者の方はぜひeo光チャンネルでご覧ください。放送は2021年12月29日から

==============================
eo光チャンネル(地上デジタル111ch)

村瀬先生のぶらり歴史歩き
大阪・北浜(前編)
2021年12月29日 21時~ 放送
(再)12月30日 18時~ (再)12月31日 21時30分~ほか
次回の放送更新は2022年1月20日
==============================

おすすめ記事