リモートワークを快適にせよ。ネット環境見直し大作戦!

こんにちは、夫のコウタです。僕も妻のヒカリもリモートワークを続行中だけど、長男のサクタと長女のイオリはそれぞれ小学校と保育園が再開。まだ油断はできないけど、少しコロナ前の日常が戻ってきたかな。でも、実は先日まで悩んでいたことがありました。それはわが家の通信速度の問題!これまでそんなに気にしてなかったんだけど、リモートワークになってから困る場面がしばしば……。うちのWi-Fiはなぜ会社みたいにサクサク動いてくれないんだー(泣)!ということで、ネット環境の改善に着手したわけであります。今の成沢家としてベストな選択ができたと思うから、ここに記録を残しておく。リモートワークなみんなの役に立ちますように!

オンライン会議フリーズ事件

4月中旬。新型コロナウイルスの感染拡大防止で夫婦ともにリモートワーク、子どもたちも休校・休園になっていた。
事件が起こったのは、2階の寝室からオンライン会議につないでいたときだった。
週はじめの定例ミーティングで僕がひとしきり話しおわると、
「成沢さん、今1分くらいフリーズしてたんでもう1回お願いできますか?」と言う後輩。
「えええええ!?」正直、上司らしからぬマヌケな声だったと思う。
僕の渾身の説明、まさかみんなに届いてなかったなんて。
もう1回話すのかぁ……。
すぐに平静を取り戻し(フリだけど)、ミーティングを無事終えた。
まだ月曜日の午前中だっていうのに木曜日級の疲労感。
コーヒーで気分転換するか〜、ついでに妻にグチるか〜
と1階に下りると、なんと!ダイニングで!妻が!オンライン会議していたんです!!
そりゃ、フリーズするわ〜(と、この時は思った。実は違ったんだけど)。
妻がアイコンタクトで「あと少しで終わる!」と伝えてきたので
察しのいい夫である僕は(音をたてるなという意味ね)とコーヒーをいれるのを諦めた。
妻よ、なぜ朝食のときに「午前中にオンライン会議がある」と教えてくれなかったんだ!
今日の相手は同僚だったからいいけど、クライアントだったら?
こっちの回線状況で迷惑をかけるわけにいかないんだよ〜!!
やり場のない怒りとわかってはいたけど、妻にひとこと言うことにした。

妻とケンカ、そしてネット環境のことを考えた。

「ねぇ、オンライン会議があるなら言っといてよ!さっきフリーズしたんだから!」
再び1階に下りてみると、妻はオンライン会議を終えてキッチンに立っていた。
「急に決まっちゃったの。お昼ごはんの支度もあるし午後も予定詰まってるし。
ていうか、フリーズは私のせいじゃないでしょう」と妻。
しまった〜。料理中だったか〜、タイミング悪すぎた〜。
しかし引き下がるわけにはいかない!
「始まる前に言いに来てくれてもよかったんだぞ!!」
そう言い残して僕は逃げるように寝室へ。キッチンから聞こえる音がいつもより大きいような気がした。

僕は再び寝室で仕事をしながら考えた。
そうなんだよ、妻の言うとおりフリーズは妻のせいではない。
じゃあ何のせい?普通に考えてうちのネット環境のせいだろー!
うちのルーターは1階のキッチン近くに設置してあるから
2階の寝室だと階も違うし、距離もいちばん遠い。
壁があるほど電波が弱くなることは僕だって知っていた。
でもオンライン会議は静かな場所からつなぎたいし、そのために小さなデスクも設置したし……わー、自分で招いたフリーズだったんだ!
妻、申し訳ない。いま話題の「コロナ離婚」されたらどうしよう。
すぐにでも謝罪したかったが、もう少し頭を冷やすことにした。
そういえば、こうしてリモートワークになる前からも
寝る前にタブレットでSNSを見ていて猫の動画を再生しようとしたら
動き出さなくて諦めたことが何度もあった。
あとで1階にいるときに再生しようと思って「いいね」だけしておくんだけど、
結局忘れちゃうんだよね。でも、正直そこまで気にしてこなかったなぁ。
というか、家でそこまでサクサクなネットって必要?って思ってた。
子どもの頃は野山を駆け回って遊んでいた僕なわけで、
便利すぎる生活をなんとなく警戒してしまう。
成沢家を「ネットなしでは生きられない!」という家族にはしたくないんだ。
しかも、息子にはゲームばかりするなと注意している手前、
猫の動画のためにネット環境を見直したいなんて言い出せなくない?

がしかし。リモートワークとなった以上、改善するしか選択肢はないのだ。
ネット環境リサーチマンに、オレはなる!!
まずはネットが快適な1階に下りよう。

成沢家にふさわしいネット環境を考えてみた!

1階に下りると、妻と子どもたちが昼食を食べ始めていた。
(呼んでくれてもいいのに…)と思いながら、こう言った。
「ママ、さっきはごめん。考えてみたんだけど、うちのネット環境を見直してみない?」
妻より先に反応したのは、息子だった。
「ネットが速くなるってこと?やったー!部屋でオンラインゲームすると遅くてストレスたまるんだよ〜」
「それとこれとは話が別!」妻と僕が同時に言ったので、ふたりで笑ってしまった。
「じゃあ、お昼ごはん食べちゃって。午後の仕事が始まる前に一緒に調べてみよう」と妻。
仲直りができたことにホッとして、
僕は昼食を食べながら寝室で考えたことを話してみた。
「たしかに、今のプランを契約したときよりネットを使う場面や機器って増えたよね。
ふたり同時に家で仕事をするなんて想像もしてなかったし!
緊急事態宣言が解除されても私はしばらくリモートワークがいいから、
見直すタイミングかもね」
「うちの会社も今までよりリモートワークに積極的だし、週に何日かは在宅できるはず。
そしたら朝のゴミ出し以外の家事もできて、ママの負担を減らせるよ!」
こんな会話をして意見が一致したところで、僕たちはリサーチを始めた。

eoユーザーサポートのページによると、Wi-Fiを速く快適にする方法はいくつかあった。

eoユーザーサポート「無線(Wi-Fi)の速度が遅い」

(1)無線ルーターの設置場所を変える
無線ルーターの電波は球体状に広がるから、最適な設置場所は家の中心。
床から1m以上の高い場所でまわりに障害物が少ない場所だとなおよし。
障害物っていうのは、壁や床はもちろん、電子レンジとか金属製の棚、水槽なんかも含まれるんだって!無線ルーターと端末の距離が離れているだけじゃなくて、その間に障害物があると電波はどんどん弱くなってしまうらしい。
成沢家の無線ルーターはというと、キッチンのカウンター上。家のど真ん中ではないけど、カウンターは床から1mくらいの高さにある。邪魔にならないように壁際に寄せてあるから、壁に妨害されているかもなぁ。

(2)超高速コースに変更する
前は1ギガコースしかなかったeo光ネットに5ギガコースと10ギガコースが登場していた!5ギガコースなら1ギガコースの月額料金に+466円(税抜)、10ギガコースなら+984円(税抜)。1ギガで約6分かかるダウンロード時間が10ギガなら約45秒に短縮できるんだって!10ギガでも+月1,000円ぐらいって、意外と安いんだなぁ。

超高速コースについて詳しく見る

(3)無線LAN中継機を設置する
無線ルーターが飛ばす電波が弱くなるエリアに設置すると強い電波に改善してくれる中継機。機器自体は小さくてコンセントに挿すだけ。
実は前に導入しようとしたんだけど、家電量販店に行ったら種類がありすぎて挫折したんだよね。eoでレンタルしてたんだ!しかもレンタル代は月額+91円(税抜)!安い!
無線ルーターの設定も簡単そうだし、うまくできなくても電話かチャットでサポートしてもらえるから安心。しかもキャンペーン中で今なら無料で試せる!!

無線LAN中継機レンタルについて詳しく見る

と、ここまで調べたところでタイムリミット。
また夜に話し合うことにした。

僕と妻が出した答えは……。

その日の夜、子どもたちが寝てから夫婦で晩酌タイム。
前よりも僕が家事も育児もできるようになりタスク完了時刻が早まったため、
余裕がある日はふたりで話すようにしていた。
「ネットの話だけど、今は中継機の設置がいいと思う」と言うと、妻も同じ意見だった。
「超高速も魅力的だけど、サクタが中学生になれば勉強でもネットを使う機会が増えるだろうし、その時に切り替えればいいよね。
昼間のリアクションを見たら、今はまだオンラインゲームとの付き合い方も注意するべき時期かなって」
僕も息抜きに配信ドラマを1話だけ見るつもりが、もう1話、あと1話だけ!って
なることはよくあるから、
ネットとの付き合い方が大事なのは息子に限ったことではないのだ。
その時の状況に合った便利さにしていけたらいいし、
ネットとの付き合い方もその時々でルールを作ってもいいよね。

というわけで、成沢家は無線LAN中継機の導入で新しいネット環境を手に入れました!
2階の寝室からのオンライン会議も快適になって、ふたり同時のオンライン会議でも問題なし。
猫の動画も見られるようになって、これは!という動画を見つけると妻にもシェアしています。

Wi-Fiの電波が不安定…そんな方に!
eo無線LAN中継機レンタルサービス

オンラインゲーム、動画視聴・配信に最適!
超高速コース(5ギガ/10ギガコース)

(ライター:藤屋翔子 イラスト:鮎川新作)

この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。

サービス一覧